44.213.60.33

【メタバースに関する利用実態_消費者調査2022】
メタバースを4人に1人が利用し、中でも20代男性は5割以上が利用。目的はゲームが高く、20代女性は企業の展示会・イベント参加が5割超。

|メタバースに関する調査

全国15~60歳以上の男女・計1331名に対しメタバースに関する利用実態や意識を把握したものです。

|調査概要

調査名:メタバース調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年10月7日~
調査対象:全国の15歳~60歳以上の男女1331

|調査結果

1.メタバース利用経験者は全体の25%
10~20代の男性では約半数が利用したことがあると回答

15歳~60代以上の男女1331名にメタバースの利用状況について聞いたところ、全体では25%が利用したことがあると回答しました。男性15~19歳では48%、男性20~29歳では55%と若い男性の多くが利用していました。利用したことがある330人の性別年齢別の割合では、男女ともに10~30代の利用比率が高いことが分かりました。

メタバース利用状況

メタバースを利用したことがある割合

2.利用するプラットフォームは、ゲーム・エンタメ系Fortnite(フォートナイト)が48%、いわゆるメタバースの世界を楽しむCluster(クラスター)、ZEPETO(ゼペット)、VRChat(ブイアールチャット)が30%前後

ゲーム内で有名アーティストのイベントや音楽コンサートが開催されるFortnite(フォートナイト)の利用が48%と最大でした。特に男性の利用が多いことが分かりましたいわゆるメタバースとしての世界を楽しむCluster(クラスター)、ZEPETO(ゼペット)VRChat(ブイアールチャット)の利用は30%前後で、おしゃれ系と言われているZEPETO(ゼペット)は女性の利用が多いことが分かりました。

男女別・メタバース環境

3.利用用途1位は男女ともに「ゲーム」。次いで男性は「音楽・ライブ」の利用者が多く、女性は「企業の展示会・イベント」利用者が多い

メタバースの利用用途は男性ではゲーム63%、音楽・ライブ37%、企業の展示会・イベント30%でした。女性ではゲーム53%、企業の展示会・イベント39%、音楽・ライブ37%でした。年代で比較すると、男性10代ではゲーム利用が74%と高いものの、20代以上ではコミュニケーションやショッピング利用も20~30%出現していました。特に20代女性の利用用途では、企業の展示会・イベントの利用が半数以上であることが分かりました。

性別・年代別・メタバースの用途

4.男性44%、女性45%がメタバースを継続して利用し
特に20代男性の62%が「週1回以上」利用している

メタバースの継続利用について聞いたところ、男女ともに週1回以上継続して利用している人は4割を超え、月1回以上も合わせると約8割の人が継続利用していました。特に男性20代では62%、女性30代では56%が週1回以上利用していることが分かりました。

メタバース利用継続

5.メタバースを継続利用しない理由は「時間がないのでやっていない」

メタバースを過去1か月以上利用していない72人にその理由を聞いたところ、「時間がないのでやっていない」53%と半数を超えました。「面白さを感じられず辞めた」32%、「気になるイベントに参加しその後利用していない」11%でした。

メタバースを継続利用しない理由

メタバースは誰でも気軽にグローバルな交流が図れたり、非現実的な体験が楽しめるだけではなく、新たなビジネスチャンスをもたらす巨大なマーケットでもあるといえるでしょう。

トランスコスモスはメタバースを新たなコミュニケーション領域と考え、ブランディングや展示会・イベントなど来店/販促支援から、オフィスコミュニケーションの活性化などお客様企業のビジネスを成功させるため、あらゆる形で支援します。メタバースに関するご質問やご依頼など、お気軽に以下よりお問い合わせください。

本調査と同様に全国15~60歳以上の男女に対象に、メタバースに関する利用実態や意識について2023年4月にも調査を実施しました。この調査レポートでは、2022年10月時点との比較も行われ、その結果が公開されています。是非ご覧ください。