44.210.149.205

【ビジネスシーンにおける生成AI利用実態調査2023】
-生成AIの利用で情報の要約や整理に利点を感じているが課題は「情報の正確性」-

このページは限定公開です。

※内容を閲覧するには、パスワードを入力してください。

 


ビジネスシーンにおける生成AI利用実態調査

ChatGPTをはじめとする、生成AIの力は、ビジネスシーンにおいてこれからますます重要度を増していく可能性が高くなります。企業はAI技術を利用することで、生産性の向上、効率化、データ活用など、様々な利点を享受することができるようになります。

本調査ではビジネスシーンにおける生成AIの利用状況とその普及度合いを調査しました。

調査概要

調査名:ビジネスシーンにおける生成AI利用実態調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2023年6月13日~2023年6月14日
調査対象:全国の生成AIを仕事で利用したことのある10代~60代以上の男女1,100名

調査結果

ビジネスシーンでの生成AI利用経験者は40%以上

本調査の事前調査において、約2万人に「生成AIを利用したことがあるか」を調査したところ約18%が利用したことがあると回答しました。

そのうちビジネスシーンでの利用経験がある人は38.4%と業務における生成AIの活用が広がっていることがわかります。今回はその回答者の中から1,100人を対象に調査を行いました。

質問「生成AIを利用したことがありますか」の回答割合

生成AIを仕事で毎日利用する人の割合は18.4%

生成AIの利用頻度を調査したところ最も多かったのは「数か月に1回」でしたが、「毎日」利用するという人も18.4%いることがわかりました。

質問「生成AIの利用頻度はどのくらいか」の回答割合

生成AIの利用目的は「教育・トレーニング」

生成AIの利用目的として最も多かったのは「教育やトレーニング」での利用でした。

次いで「データ解析」や「翻訳支援」でも多くの人が利用しています。またその他の中には「文章作成」や「原稿やメール文の添削」「レポート作成」などの文章の校正に利用している人が多く見られました。

質問「生成AIをどのようなことに利用しましたか」の回答割合

※マーケティング活動にはライティング、クリエイティブコンテンツ作成を含む

生成AIの利点は「情報の要約や整理ができること」課題は「情報の正確性」

生成AIの利用については「情報の要約や整理ができる」こと「自動化による業務効率化ができる」ことを利点として挙げている人が多くみられました。

質問「生成AIを使う上でどのようなことを利点と感じているか」の回答割合

反対に課題と感じている点については「情報の正確性」や「情報の偏り」があがっており、「誤答を貸してくるので結局調べなおすことになった」や「専門知識には圧倒的についていけていないので実用化はまだまだ先になりそう」といったコメントもありました。

質問「生成AIを使う上での課題はなんだだと思いますか」の回答割合

生成AI利用で得られた効果は「時間・コストの削減」と「生産性向上」

時間短縮を目的に利用する人の多い生成AIですが、利用したことで得られた成果については「時間とコストの削減ができた」「生産性が上がった」の2つが特に多い結果となりました。

目的に対する成果がある程度見られているのも利用が拡大している要因と言えるかもしれません。

質問「生成AIの使用経験から得られた成果はなんですか」の回答割合

今後生成AIに求められるのは「データの匿名化や暗号化」

生成AIに今後求める機能や改善点について調査したところ、回答した人の半数以上が「データの匿名化や暗号化」と回答しました。更に、「データの根拠や信頼性」についても多くの人が改善を求めています。

また、その他の中には「wordやExcelとの互換性」を求める声もありました。

質問「生成AIに今後求める機能や改善点はなんですか」の回答割合

業種別に見た生成AIの利用拡大による業務への影響度は?

業種別に生成AIを利用した際に「自身の仕事」にどのくらいの影響があるかを調査しました。

トランスコスモスではコンタクトセンター業務を中心に様々なAI活用のご提案を行っています。

自社のコンタクトセンター業務を手軽に自動化
AIエージェント

AIを活用した自動品質評価や音声解析を実現
transpeech

生成AI(ジェネレーティブAI)を活用したサービスの提供を開始
Quick Support Cloud with GAI

その他AI活用に関するご相談や限定公開部分の閲覧希望はトランスコスモスへお問い合わせください。

※限定公開部分の閲覧については問い合わせ内容欄にビジネスシーンにおける生成AI利用実態調査閲覧希望」とご記載ください。