3.237.34.21
Cotra
  • TOP
  • VRサービスをお楽しみいただく際の注意事項

VRサービスをお楽しみ
いただく際の注意事項

  • デバイス1
  • デバイス2
  • デバイス3
  • デバイス4

VRサービスでは、基本的にすべてのデバイスでご利用が可能です。
具体的には、VRヘッドセッド、パソコン、スマートフォン、タブレットからの参加が可能です。
VRヘッドセットでは、Oculus Quest, Oculus Go, Samsung Gearに対応しています。
デスクトップでは、chrome, Edge, Firefox, Opera, Safariに対応しています。
スマートフォン、タブレットでは、WebView Android, Chrome Andoroid, Firefpx for Android, Safari, Samsong Internetに対応しています。
※LINEアプリ内のブラウザは対応していませんのでご注意ください。

VRサービス基本の操作方法

パソコンでの使用方法

キーボード

パソコンでの移動など、利用するために必要な操作は次の表のとおりです。

動き操作方法補足
移動矢印ボタンまたはW,A,S,Dキー前に移動:↑またはWキー
後ろに移動:↓またはSキー
右に移動:→またはDキー
左に移動:←またはAキー
回転Q、Eキーまたは
マウスで左クリックをしながら画面
上で動かす
テレポートマウスで右クリックをしながら動きたいところへ移動
早く動くShiftキーを押しながら移動
オブジェクトの
回転
マウスで回転させる”rotate”をオブジェクトメニューで選択することで回転できるようになります
オブジェクトの大きさを変更するShiftキーを押しながらマウスを動かすオブジェクトメニューからも大きさを変更できます
オブジェクトを
動かす
マウスを動かすオブジェクトを持っているときのみ

スマートフォンでの操作方法

スマートフォンで利用するために必要な操作は次の表のとおりです 。

動き操作方法補足
移動ピンチまたは
左側のジョイスティックの使用
ピンチは写真などを大きくする際の操作と同様
ジョイスティックはVR空間によってはない場合がございます
回転スワイプまたは
右側のジョイスティック
一本の指で画面を動かすと視点を回転できます
ジョイスティックはVR空間によってはない場合がございます
落書きペンボタンをタップ
オブジェクトの
回転
ドラッグオブジェクトの上で指を動かす
オブジェクト上で長押しをした後、”rotate”をオブジェクトメニューで選択することで回転できるようになります

VRヘッドセットでの操作方法

VRヘッドセットでも弊社のサービスはご利用いただけます。
機器に応じての詳細はこちらからご確認ください

入退室方法

ルームに入る前は、そのルームのロビーにいます。
ルームに入る手順は、お使いのデバイスによって異なります。

入室方法

【入室方法】

スマートフォン、パソコンで
入る場合はルームに入る
VRヘッドセットで入る場合はVRヘッドセットで入るからご入室ください。

退室方法

【退室方法】

右下のをクリックし、退室の確認が表示されます。
をクリックして退室します。

VRサービスをさらにお楽しみいただける操作方法

三人称視点への切り替え

メタバース空間ではアバター視点で見る一人称視点となります。初心者の方やメタバース酔いしやすい 、自分がどこを向いているのかわからない時は三人称視点に切り替えることができます。

視点切り替え

【視点切り替え】

左上の三人称視点をクリックすると三人称視点に切り替わります。

視点切り替え

もう一度一人称視点をクリックすると一人称視点に切り替わります。

一緒のルームに入りたい場合の招待方法

誰でも体験できる「メタバースサービス体験ルーム」では、各ルームの人数制限があり一緒に入った方が別のルームに割り振られる場合があります。同じルーム(空間)に入りたい場合は<招待>することができます。

【パソコンの場合】

パソコンの場合

左下の共有をクリックします

招待リンクをコピーして、一緒に入りたい方にURLをお送りください。招待リンクから入室すると同じルーム(空間)に入ることができます。

【スマートフォンの場合】

  • スマートフォンの場合

    左上のメニューをタップします。

  • スマートフォンの場合

    その他の中の共有をタップします。

  • スマートフォンの場合

    招待リンクをコピーして、一緒に入りたい方にURLをお送りください。招待リンクから入室すると同じルーム(空間)に入ることができます。

ご注意

  • ご注意

    LINEで招待リンク共有し入室する場合は、 LINEアプリ内ブラウザでは接続できませんので、
    右下のメニューをタップし、

  • ご注意

    ChromeやsafariなどのVRサービスをご利用いただけるブラウザで開いてください。

    VRサービスをご利用いただけるデバイスはこちら

アバター・プロフィールの変更

入室後に名前やアバターを変更することができます。アバターは、ほかのアプリケーションやソフトウェアで作成、獲得した3Dデータ(glbデータ、VRMデータ)を読み込ませることで、好きなアバターでVRを楽しむことができます。

プロフィール・アバター変更

【プロフィール・アバター変更】

右下のその他をクリックします。

プロフィール・アバター変更

プロフィールをクリックします。

名前やプロフィールを変更できます。
をクリックすると、いろいろなアバターから選択することができます。
をクリックして完了です。

音量など各種設定方法

空間全体の音量を上げたいなどVR空間全体の状況を変更したいときに設定することができます。
移動時にジョイスティック(右下にある)を用いたり、入室時にミュートにするなどの設定もできます。

【詳細設定】

右下のその他をクリックして、
詳細設定をクリックします。

  • 詳細設定
  • 詳細設定
  • 詳細設定

オーディオ、操作、その他を設定変更することができます。

メタバース空間で画面などを共有する

自分のデスクトップ、ウェブカメラ、携帯電話のカメラ、ドキュメントをルームメンバーと共有できます。

【画面やコンテンツの共有方法】

下中央の共有をクリックして
画面共有、ドキュメント、リンク、アバターから共有するものを選択します。



ご注意

ドキュメントで共有できるファイル形式はPDFのみとなります。

画面共有の場合、chromeタブ、ウィンドウ、画面全体のいずれかを選択し、共有物を選んで共有をクリックするとルーム上に映し出されます。共有物の下にLIVEの文字が表示されると「共有中」の意味です。

【共有物の操作方法】

【共有物の操作方法】

共有した画像にマウスをあわせスペースキーを押すとメニューが表示され操作が可能です。

Rotate(回転)Rotate
(回転)
オブジェクトを回転させます
copy(複製)copy
(複製)
アバターの手元で複製されます。 PDFのページを自由にめくりたい方などに便利です
Resize(リサイズ)Resize
(リサイズ)
オブジェクトのサイズを変更します
Trash(ゴミ箱)Trash
(ゴミ箱)
オブジェクトをプロジェクトから削除します
Target(ターゲット)Target
(ターゲット)
オブジェクトのフォーカスビューを開きます
refresh(リフレッシュ)refresh
(リフレッシュ)
共有物の再読み込みを行います
2D(二次元)2D
(二次元)
共有物を2Dで見る際に使用します。
※マウスであれば右クリックでも同様に2D表示されます

ピクチャーインピクチャーの使用方法

画面の隅に別ウィンドウが表示される機能です。動画などを見ながら別の場所に移動することができます。

【共有した物をピクチャーインピクチャーにする場合】

【共有した物をピクチャーインピクチャーにする場合】

共有物にマウスをあわせスペースキーを押すとメニューが表示されます。
2Dをクリックし共有物を2Dにします。

コントロールバーの表示

2Dにした共有物にマウスをあわせるとコントロールバーが表示されます。右下のメニューをクリックします。

ピクチャーインピクチャー

ピクチャーインピクチャーをクリックして使用します。

別ウィンドウ

画面の隅に別ウィンドウが表示され、動画などを見ながら移動することができます。

【セミナー動画などをピクチャーインピクチャーにする場合】

【セミナー動画などをピクチャーインピクチャーにする場合】

対象の動画などにマウスをあわせます。

【セミナー動画などをピクチャーインピクチャーにする場合】

右クリックすると2D画面が表示され、下にコントロールバーが表示されます。右下のメニューをクリックします。

ピクチャーインピクチャー

ピクチャーインピクチャーをクリックして使用します。

別ウィンドウ

画面の隅に別ウィンドウが表示され、動画などを見ながら移動することができます。

ツールの使用方法

メタバース空間内にペンで文字や絵を書いたり、オブジェクトにしたり、カメラで撮影ができます。

【ツール】

【ツール】

ツールでは、ペンとカメラ(photo、video)を使用できます。

別ウィンドウ

【ペンの使用方法】

ペンは自由に線など描けます。
ツールからペンを選択した後、左クリックを押したままマウスを移動させると線が描けます。消す場合は、 再度ツール項目のペンを選択し 機能解除した状態でスペースキーを押すとゴミ箱Trash(ゴミ箱)が表示されますのでクリックください。

カーソルを合わせスペースキーを押す

描いたものにカーソルを合わせスペースキーを押すとメニューが表示されます。

Undo(元に戻す)Undo
(元に戻す)
最後のストロークを削除します
Trash(ゴミ箱)Trash
(ゴミ箱)
オブジェクトをプロジェクトから削除します
Create(作成)Create
(作成)
描いた絵を3Dオブジェクトにします
カーソルを合わせスペースキーを押す

【カメラ機能】

カメラ機能では、photoやvideoで撮影し、共有することができます。撮影時は、カメラの向きや角度を調整できます。カメラにカーソルをあわせドラッグするとカメラの確度を調整できます。カメラの向きを変更する場合は、カメラにカーソルを合わせ右クリックすると外向きカメラに変更でき、もう一度右クリックすると内向きカメラに戻ります。
Videoでは録画の長さを調整できます。カメラ中央に表示される数字が録画される秒数で、左右の矢印で調整が可能です。Sound OFFで音声を入れるかをコントロールします。

カーソルを合わせスペースキーを押す

撮影した画像を保存する場合は、画面下のチャットを開きます。撮影した画像がチャット上に表示されますので、保存したい画像を右クリックすると画像保存できます。

リアクションやチャットの使用方法

チャットやリアクションなどを使用して、コミュニケーションを円滑にします。

【リアクションの利用方法】

リアクションでは、感情表現ができます。
リアクションリアクションの中から選びたいアイコンをクリックして画面に表示させます。

【チャットの利用方法】

【チャットの利用方法】

チャットは、全体アナウンスなど行うときに利用します。
チャットチャットをクリックしてコメントを入力します。

  • サービス体験ルーム
  • コンタクトセンタールーム